topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二度目の直島  そして豊島(てしま)へ - 2013.11.19 Tue

2011年7月に、初めて行った瀬戸内の直島。
我らが徳永英明さんも「songs」のロケで訪れた
アートの島として世界的に有名な島です。
前回一緒に行った友達と、再び訪れる事が出来ました。

瀬戸内国際芸術祭2013も11/4で終了し、直島は落ち着きを取り戻していました。
瀬戸内ならではの、ゆったりとした贅沢な時間を、短い旅でしたが味わうことが出来ました。




直島・宮浦港到着


201311184.jpg


新神戸から岡山までは、のぞみに乗ると一駅、30分ほどで到着するのに、
間違って、ひかりに乗った事に二人とも全く気付かず、
2年ぶりの再会に喋りまくり。
途中で姫路に停車することも、のぞみの追い越しの為に停車している事にも
何の疑問も抱かず、
岡山に着いて、時計を見てやっと気づく。

予定より1時間遅れて、旅は始まる・笑


201311181.jpg


下船してすぐに目に入るアート作品。
草間彌生 「赤かぼちゃ」
中に入って遊ぶ。  おばさんだって、子供になりたいのだ。^^



201311182.jpg


前回、地中美術館・本村地区の家プロジェクト・直島銭湯I love湯など、有名どころには行っているので、
今回の直島は、ベネッセハウスミュージアムを中心にゆったりと巡る事に。


一度目の直島は、楽天ブログで。


ランチに入った、「島食 みやんだ」さん。
お店のおやじさん、おばさん、皆さんなごやかで、店内もログハウス風でなごむ。
それとBGMが、おやじさんの好み?
70年代フォークがずっと流れてて、私たちの涙腺を刺激・笑




201311185.jpg


島ならではの食事がしたかった。   美味しかった~




201311183.jpg


食堂の隣の棟の中に
巨大な藁で出来た象が居て、びっくり!!
武蔵野美大わらアートチームの作品であるらしい。(直島の「竹」「木材」「藁」
小豆島の「わら」を使用)



201311187.jpg


ベネッセミュージアムまで、海沿いを歩く。




2013111810.jpg


台風等の荒天で流れ着いた漂流物か、あるいは忘れ物か。。
ゴミになるところが、この浜ではアート。




201311186.jpg




201311188.jpg


ベネッセ到着。
ベンチもアート。


ベネッセを出て坂道を下っていたら、向こうからスーツ軍団がやって来たので、
会社の慰安旅行かなんかかなって思ってたら、
真ん中に、建築家 安藤忠雄氏が居て、びっくり!!
地中美術館、ベネッセミュージアム等、直島の建築物の設計をなさった建築界の大御所。

「安藤忠雄やん!安藤忠雄やん!」と小声で言ったつもりが、  ← しかも呼び捨てやし。
ご本人に聞こえたらしく、軽く会釈して下さった。
今年は、入り待ちしていたわけでもないのに、クロマニヨンズのライブ前に
ヒロト、マーシーに遭遇したし、ホントついてる!




2013111812.jpg



泊まった所は、老舗のうどん屋さんを経営なさっている石井商店さんの民宿
写真左の、のれんが掛かった家は、丸ごと一軒借りれる民宿で、
家族連れやグループ向け。
私たちは、向かいの6部屋ある民宿に泊まりました。
素泊まり4000円。

食事は石井商店さんで予約して食べました。
夕食2500円でしたが、凄いボリュームで食べきれなかったです。
心のこもった家庭料理という感じ。
本当に美味しかったし、ご主人が穏やかな、とてもステキな方でした。




2013111811.jpg


私たちの泊まった民宿の壁に、毛糸アートが施されているのに翌朝、気づきました。
(画像では解りにくいですが)




2013111813.jpg


二日目。
高速船に乗って、豊島へ。
高速船に乗るのは本当に久しぶり。  気持ちよかった~!




2013111814.jpg


豊島到着。
坂の多い島なので、電動サイクルを借りて豊島美術館へ向かう。
やぎ君に遭遇。


豊島の住民の方たち、すれ違う人のほとんどが、
「こんにちは~」って、声をかけて下さる。
直島ほど知名度もないので、観光客も少なく本当にのどか。




2013111815.jpg


島の生活の中に、自然の中に、さりげなくアートが点在。
発見したときの喜びも大きい。

竹林に一本の道が作られていて、遠くに青い海が見える。
竹細工アート。



2013111817.jpg


2013111818.jpg


急な下り坂に急カーブ。
遠くからこの絶景を観たときは感動の声をあげたけど、
慣れない電動自転車で走っていると、海まで転がり落ちそうで、めちゃくちゃ怖かった。
ここでストップして、ここからは歩いた・笑




2013111819.jpg



豊島美術館

シェル状の柱のない不思議な建物。
こんな所まで来て、お金の話はしたくないと思ったけど、
入館料1500円払って、一作品しかないなんて、どうする?って言ってたんだけど、
ここは本当にその価値ありでした。

アプローチからアート。
白い小道を歩き館内に入ると、ドーム型の天井に二つの楕円の開口部。
立ったり、座ったり、寝転んだり、
そして観る位置により変わる、開口部から見える風景。
白い細いリボンが風にゆれ、床から湧き出す無数の水滴が
あちらこちらで、泉になり、ちいさな川になり。

入館には人数制限があるので、本当に静かに鑑賞することが出来て、
思いを巡らす事も出来ました。
母の子宮の中に居るようで、
産まれたら、あの開口部の向こうの自然界に放り出されるのだ。
そんな風に感じました。

隣の小さな白い建物はカフェとグッズを販売していました。


2013111820.jpg



2013111821.jpg


安倍良作「島キッチン」 でランチ。
どこででも寝る友人。


2013111822.jpg


地元で取れた野菜の天ぷらが添えられたキーマカレー。  美味しかったです!




帰りは間違えることなく、のぞみに乗って帰りました。
又、行きたい。 何度でも行きたい。
まだまだ観ていない所、島が沢山あります。
ゆっくり釣りをして過ごすのもいいねって言ってます。
釣りって、したことないけど。^^

又行きたいから、明日からも頑張ろう!
そう思わせてくれた旅でした。









関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

有難うございました! «  | BLOG TOP |  » 有難うございました! & 新委託ショップのお知らせ

プロフィール

rui ☆

Author:rui ☆
兵庫県在住。

天然石をメインにしたアクセサリー作りをしています。
装飾の為と言うよりは、
身に付けて、ココロが穏やかになれるような。。
そんな物作りがしたいです。

トップ画面の画像は、宝塚・武田尾の
JR廃線後です。
トンネルを抜けた向こうに希望がある事を信じて。



☆ 出展のお知らせ ☆
9月までお休みします。

カテゴリ

はじめまして! (1)
moderato (48)
moderato 作品集1 (1)
moderato 新作 (24)
徳永英明さん (0)
ザ・クロマニヨンズ (13)
フラワーカンパニーズ (10)
日々雑感 (11)
音楽 (8)
アート (6)
映画 (2)
京都カフェ巡り (8)
神戸カフェ巡り (1)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

徳永英明 positions of life

クロマニヨンズ スピードとナイフ

フラカン  深夜高速

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。