topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パディントンベア展~イギリスで誕生した愛らしいクマの物語 - 2012.08.12 Sun

ロンドンオリンピックも、もう終りですね。


伊丹市立美術館で開催中の(9/2(土)まで)

  バディントンベア展 ~ イギリスで誕生した愛らしいクマの物語

に行ってきました。


ああ、癒されました~~~
なんて可愛い、パディントン!!





P1030861.jpg



P1030863.jpg



P1030864.jpg




パディントンベアって、可愛いクマのぬいぐるみって事くらいしか知らなくて、
絵本も原作の本も読んだ事がなかったのですが、
この美術展に行って、
パディントン誕生の秘話を知り、とても感動しました。


原作はイギリスのマイケルボンド氏。

1956年のクリスマスイブに彼は奥さんへのプレゼントとして
小さなクマのぬいぐるみを買います。
お店の棚に残されているのが可哀想に思ったそうです。

当時、パディントン駅の近くに住んでいたので、
そのクマは、パディントンと名づけられました。

そして、このクマのお話を楽しみで書いてみたところ(テレビ局勤務のサラリーマンであったそうです)
10日間で1冊の本になってしまったとか。



<お話の始まり>

震災孤児だったパディントンはペルーでルーシーおばさんと暮らしていましたが、
ルーシーおばさんが、「老グマホーム」に入る事になったので、
おばさんは彼を、イギリスに移住させる事にしました。

密航した長旅の末、彼はイギリスのパディントン駅に到着します。



ブラウン夫妻は、パデイントン駅の遺失物取り扱い所の郵便物の陰で、
スーツケースの上にポツンと座っているクマに気づきました。

そのクマは
「どうぞ、このくまのめんどうをみてやってください。おたのみします」
と書かれた札を首からぶら下げていました。

この簡単なお願いを断る理由もないブラウン夫妻は
2人の子供と家政婦さんの住む自宅にこのクマを連れて帰りました。

ブラウン夫妻は出会った場所にちなんで、クマの名前を
パディントンと名づけたのです。



パディントン駅の銅像のレプリカがありました。
ああ、かわゆい。。


P1030868.jpg



絵本の原画もとても充実していました。
沢山の画家によって、描かれていました。

4コマまんがの原画には、文章も添えられていたので観ていて飽きません。

パディントンの世の中に対する風刺が面白くて、
でも「ピーナツ」のスヌーピーほど鋭くもなく、
ほんとにほのぼのしてしまった(^^)

パペットを使ったテレビ映像も観れて(何年くらいの作品だったかは忘れました)
これが、パディントン駅でブラウン夫妻に救出されるシーンのお話で
バニラをご馳走してもらったパディントンが又、かわゆくて。。
ああ、ほのぼの。




グッズ売り場は凄く充実していました。
私は、3Dのポストカードとクリアファイルを買いました。




P1030870.jpg


あのパペットのドラマがもう一度、観たい。
図録もやっぱり欲しいし。
又、800円払って行こうかしら(笑)

こんなに癒されるなんて、
私は何処か病んでいるのでしょうか ^^;

  

 
 
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

べあ

いいな~私期間中にはいかなくっちゃ!(#^.^#)

ことちゃんへ


描く作家によって、パディントンも微妙に違っていて、
それを見比べるのも面白かったよ。
とにかく、可愛い~ (^^)


管理者にだけ表示を許可する

OSAKAアート&てづくりバザール 出展ブース決まりました! «  | BLOG TOP |  » 劇団自由人会公演 ふることふみ ~ 国生みのものがたり

プロフィール

rui ☆

Author:rui ☆
兵庫県在住。

天然石をメインにしたアクセサリー作りをしています。
装飾の為と言うよりは、
身に付けて、ココロが穏やかになれるような。。
そんな物作りがしたいです。

トップ画面の画像は、宝塚・武田尾の
JR廃線後です。
トンネルを抜けた向こうに希望がある事を信じて。



☆ 出展のお知らせ ☆
9月までお休みします。

カテゴリ

はじめまして! (1)
moderato (48)
moderato 作品集1 (1)
moderato 新作 (24)
徳永英明さん (0)
ザ・クロマニヨンズ (13)
フラワーカンパニーズ (10)
日々雑感 (11)
音楽 (8)
アート (6)
映画 (2)
京都カフェ巡り (8)
神戸カフェ巡り (1)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

徳永英明 positions of life

クロマニヨンズ スピードとナイフ

フラカン  深夜高速

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。